キャスト&スタッフ」カテゴリーアーカイブ

キャスト&スタッフ②



小市慢太郎(守屋悦司 役)



1969年2月15日生まれ。大阪府出身。



学生時代より数多くの舞台に立ち、活躍。

その後、TV・映画と活躍の場を広げ、EX「ナサケの女」(10)、WOWOW『下町ロケット』(11)、NHK「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂」(12, 9/8~)、

映画『隠し剣 鬼の爪』(04/山田洋二監督)、『劔岳-点の記-』(09/木村大作監督、)『死刑台のエレベーター』(10/緒方明監督)などに出演。

役によってガラリとイメージが変わる性格俳優。

2011年より総合アーティストとして活動を始め、絵画・神楽舞と表現の膨張を続けている。





高田敏江(松下フミ 役)



1935年3月3日生まれ。群馬県出身。



1954年に東映ニューフェイス第1期生として、映画『二挺拳銃の竜』でデビュー。

その後、劇団民藝に入団。1971年に退団するまで活躍した。

昼のワイドショー番組『アフタヌーンショー』の司会者としても広く知られている。

主な出演作にドラマ「私は貝になりたい」(58/TBS)、「3年B組金八先生」(79-80/TBS)、

映画『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』(74/山田洋二監督)、『手紙』(06/生野慈朗)などがある。





西山繭子(望月紗耶香 役)



1978年1月21日生まれ。東京都出身。



TVドラマを始め、数多くのCM、映画、舞台に出演。

女優業の他に2007年に短篇小説「色鉛筆専門店」を発表し、作家としても活動している。

主な出演作は「八日目の蝉」(10/NHK)、「ラッキーセブン」(12/CX)、映画『恋愛寫眞』(03/堤幸彦監督)、

『裁判長!ここは懲役四年でどうですか』(10/豊島圭介監督)等。著書に長編小説「しょーとほーぷ」(08)、「ワクちん」がある。





戸田昌宏(永山浩史 役)


1968年3月28日生まれ。静岡県出身。



『シコふんじゃった』(91/周防正行監督)で映画デビュー。

96年には演劇ユニット プリセタを旗揚げし、自らも演出を手掛ける。

主な出演作に、ドラマ「ストロベリーナイト」(12/CX)、「猿飛三世」(12/NHK-BS)、映画『ドッペルゲンガー』(03/黒沢清監督)、

『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』(05/青山真治監督)、『鈴木先生』(13/河合勇人監督)など多数の作品に出演する演技派俳優。




キャスト&スタッフ①



土屋太鳳(松下神菜 役)


1995年2月3日生まれ

2005年スーパー・ヒロイン・オーディション・MISS PHOENIXにて、応募者37,789名の中から審査員特別賞を受賞。2008年の映画『トウキョウソナタ』(黒沢清監督)で映画デビュー。

その後、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(10)、NHK連続ドラマ小説「おひさま」(11)や、映画『釣りキチ三平』(09/滝田洋二郎監督)、『日輪の遺産』(11/佐々部清監督)の出演。順調にキャリアを重ね、本作でついに映画初主演を果たした。2013年には自身が出演した人気ドラマの映画版『鈴木先生』(河合勇人監督)の公開が控えている。





石川湖太朗(守屋耕助 役)



1995年8月20日生まれ。静岡県出身。

映画出演は『天まであがれ!』(06/横山一洋監督)に続き2作品目にして、約300名が参加したオーディションで瀬木直貴監督に“耕介を見つけた”と言わしめ、守屋耕助役に大抜擢された期待の新人。

地元浜松ではボーイズユニットWrapとして活動しており、ダンスに歌と多彩な才能を発揮している。





木下かれん(鈴木瑠璃 役)



1991年11月3日生まれ。

映画・TV・舞台と幅広く活躍し、今後が期待される新人女優。演劇ユニット「RudyGirl」としても活動している。

主な作品は、ドラマ「マジすか学園2」(11/TX)、土曜ワイド劇場「温泉大作戦!PARTⅡ」(12/ABC)、舞台「港埼遊郭」(12)、「Dream」(12)等。

映画『非金属の夜』(中田圭監督)が2013年公開予定。





TIKARA(松本聰 役)


1992年11月17日生まれ。

静岡県出身。2005年の映画『ルート225』(中村義洋監督)で準主役に抜擢され、映画デビュー。その後も時代劇から現代劇まで数多くの舞台やイベント、TV、CMに出演。本作のオーディションで、多くの応募者の中から見事松本聰役を射止めた。